私は大学を卒業した22歳のときに起業して予備校を経営しています。

ぼくはカレッジを卒業した22年のときに起業して予備校を経営していらっしゃる。ぼくは小学4年生の時分から予備校に通っていて、中学生受験を通して中高一貫の進学校に進学しました。元々訓練が好きになったというより、そのときの予備校に通っていた見聞が、自分の訓練に関する確信になっているのだと思います。ぼくは予備校をマネジメントし始めてから少し3ヶ月で、学生度数が32ニックネームを突破し、起業してから半年で68ニックネームの学生を集めました。そうして通年目線のキャリアとして、ハイスクール受験ってカレッジ受験の不合格やつ0ニックネーム、進学パーセント100%という枚数を生み出すことに成功しました。私の得意なことは訓練と、学生に切望を授けることだとぼくは思っています。自分にはできると、我々はもらえるキャラクターだと信じていれば、たとえそのときは過信だったとしても昔その過信の状態に近付けるというぼくは思います。そうして学生にもそんなにでっちあげる結果、学生に切望を持たせ、勉強に自分を合わせることに成功してきました。切望を持たせれば、やつは誰だって進み出すのです。http://lake-cardloan.hatenablog.com/