我々のムダ毛のジレンマはそれです!

ムダ毛の苦しみというと、圧倒的に母親の苦しみとして考えられると思いますが、パパでも悩む事があります。
僕のムダ毛の苦しみとして、1つはスネヘアです。パパならスネヘアレベルどうってことないと周りには言われてきましたが、自分にとっては永年悩まされています。冬季はいまだにパンツをはいているから見えないので考えにしませんが、夏季のあつくなってきた位は、長パンツではいとも暑くて大変です。半パンツをはくとスネヘアがハダカになるのですが、余りにスネヘアがねちっこいので、往時笑われたことがあります。おんなじ父親友達だと何も言われませんが、母親からしてみると違和感も与えてしまうそうです。1度思い切ってワックス抜毛をしてみました。しかし一気に自責しました。あんまりつるつるになりすぎて、逆に変でおかしくなりました。しかし、ちょうど良くスネヘアを残す事もできませんし、他にしかたが見つかりません。剃刀で剃ると、母親のムダ毛とは違って1本1本が分厚いヘアなので、根元のヘアが全然きちんと点々として残るので、この状態もまたキショイのです。お風呂に入った時も、湯船から出るとスネヘアが随分お湯に浮いていて、次に入る夫人に注意された事もあります。抜毛ショップへ行くのも恥ずかしいのでそのままにしていますが、また夏季が来ると暑さを我慢して長パンツをはかなければならないので辛いです。
さらにの苦しみはヒゲです。ヒゲは仕事の関係上総合剃らなければなりません。自分も、怠慢ひげのような状態にはなりたくないですし、部分的に伸ばそうとも思ったことはありません。絶えず朝風呂にしていて、その時にひげも剃りますが、せわしない午前の時間にこういうひげ剃りが全然煩わしく感じます。シェーバーも使った事はありますが、泡の形状を使って剃刀で剃るのが一番気持ち良くてスッキリするので、剃るなら自宅で剃るしかないのです。しかし、午前がないサイドなので、万が一寝坊した状態などは焦ってひげ剃りをしていて、切って流血してしまった事もしばしばあります。ひげも同じく抜毛に通おうか考えて、夫人が通っている抜毛ショップでパパのひげ抜毛もやっているというため一緒に行きましたが、日焼けをしてはいけないので日毎日焼け止めを塗るように、と言われました。昔から日焼け止めが嫌悪で、これはさすがに日毎、しかも何年か続けなければならないのはむずかしいと思い、やめてしまいました。短期間でできるひげ抜毛なら行ってもいいかな、とは思うのですが何だか一歩が踏み出せません。臭いも解消できる足汗を止める方法